◆注目ワード《オーバーブッキング》と本日の控え

みなさま おはようございますです。。。

どーもきのうはよくねむれました。

ウェブ上の日記などを見ていると、「オーバーブッキング」についてが注目されたりしているみたいなんですよね。

それでは、「オーバーブッキング」に関連する動画をご紹介しておきます。

【米ユナイテッド航空】オーバーブッキングでアジア人を選んで強制退場!

・・・どうりで。

ちなみに・・・

【質問内容】

飛行機のオーバーブッキングとその対処について教えてください。 今日「米シカゴの空港で、ユナイテッド航空の機内から、オーバーブッキング(過剰予約)で席が足りなくなったとして、すでに搭乗していた乗客が無理やり引きずり降ろされるという騒動があった。」というニュースがありました。 「離陸前に、定員がオーバーしていることがわかり、ホテル代など補償金を支払う代わりに、別の便の振り替えに応じる乗客を募ったが、誰も応じなかった。」というのが理由と書いてあります。 そこで素朴な疑問なのですが、すでに搭乗している人も搭乗する権利があって搭乗しているわけですよね。それなのにどうして乗れなかった人が優先されるのですか? お互いにオーバーブッキングされてるわけなので、乗り込めなかった人が次の飛行機に乗るというのがスジだと思いますし、航空会社も乗り込めなかった人に「ホテル代など補償金を支払いますのでお許しください」と平謝りするのがスジだと思うのですが… アメリカだから、こんなスジが通らないことをやったということなのでしょうか???

【ベストアンサーに選ばれた回答】

こんかいの一連では普通のオーバーブッキングとは少し理由が異なると思います。 そもそもオーバーブッキングはキャンセルや当日来ない客の為に過剰に予約を受け付ける事ですが、どこの航空会社でもやっている事です。 ただビジネスクラスやファーストクラスではその様なオーバーブッキングにて過剰に予約を受け付ける事はしません。 日本に於いては、国内線に於いてはオーバーブッキングを急なキャンセルを避ける為に、払い戻しや便の変更が出来ない航空券を普通運賃より安く販売したりしているのです。 航空会社によって対応は様々ですが海外では、オーバーブッキングになる事が分かっていても来た順番から乗せて、溢れた人は拒否するなんて事も普通にあります。 今回のユナイテッドに関しては客というよりもユナイテッドの乗務員がデッドヘッド、所謂、別の便で乗務する為に客と一緒に移動する為に席を譲る様に言われ、またそれら選ばれたのが全てアジア人だったという差別的要素も含み、あの対応。全てに於いてユナイテッドに非があるんです。 また今回の一連の事件が受けた便というのはユナイテッドとアメリカンしか運航(コードシェア便はあります)しておらず距離的にも短い為に飛行機も小さい物なんです。 なのに乗務員の席を確保していなかった。 乗務員が乗らなければ普通に全ての客を運べた訳です。 今回は警察にも問題がありますし、ユナイテッド側にも問題があり大きな補償問題になるでしょうね。 アメリカだからというか、ユナイテッドは私も何度か乗っていますが、どこか客に対して上から目線の乗務員が多いですよ。 会社の体質か出た様に思えます。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなく、どうもチャーハンなどについて興味があるんですよね・・・。

さて今日もぼちぼち奮闘しましょう。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>