○検索上位ワード《McCarthyism》と今日の書付け

みなさん、今晩はです。

本日のわたしのテンションはそれなりでした~。

世間などや、それ以外でも「McCarthyism」の事とかについて注目されたりしているという話だそうですね…。

それでは、「McCarthyism」に関連する動画をご紹介しておきます。

Murrow on McCarthy, no fear, 1954

なんてこったい。

ちなみに・・・

【質問内容】

またまた続きです。。 Ironically, the largest international dating agencies are exempt from IMBRA for suspicious reasons. Sen. Maria Cantwell (D-Washington) desperately presented f alse and misleading testimony before the Senate Foreign Relations Committee on July 14, 2004 (falsely) claiming international marriage brokers were involved in human trafficking of women into the United States. A DOJ study had already concluded no such correlation. Clients of IMBs are essentially a “politically unpopular group.” The collective “mass psychological” behavior of human beings sometimes dictates totally irrational responses to events similar to mob anger mentality. Japanese Americans during World War II, a politically unpopular group, were placed in internment camps having done nothing wrong. The proponents continue to use deception , distortion and exaggeration, all of which are a form of lying (political McCarthyism). They carefully engineer “one sided” media interviews with no opposing point of view.

【ベストアンサーに選ばれた回答】

皮肉なことに、最大手の国際結婚紹介業者は、怪しげな理由でIMBRAの適用を免除されている。Maria Cantwell上院議員は、2004年7月14日の上院外交関連委員会の証人喚問で、世間をミス・リードする誤った証言を必死になって行い、国際結婚ブローカーは、合衆国への女性の人身売買に関連しているという(誤った)主張を繰り広げた。司法省(DOJ)の調査によれば、そうした関連は無いことがすでに示されている。 国際結婚ブローカーのクライアントは、基本的に「政治的に不人気な集団」である。集団的「大衆心理学」における人間行動は、ときとして、暴徒化した人たちの怒りのメンタリティーと同様の、非合理的反応を引き起こす。第二次大戦中、政治的に不人気なグループであった日系アメリカ人は、なにも悪いことをしていないのに、強制収容所へ収監された。 推進者たちは、欺瞞、歪曲、誇張を使い続けている。それら全ては、うその一形態(政治的マッカシーズム)である。彼らは、反対意見なしの「一方的な」メディアのインタビューを注意深くengineer巧みに操っている。 ※参考にしてください。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

少し前からアイスクリームとかのことが注目しているところなんです。

それじゃあいつか。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>