▲注目キーワード[アパホテル]と本日の記録

みなさん、おはよーうございます。。。

うーん、朝は珈琲に限ります。

まあまあ、ウェブ上の日記などでは「アパホテル」に関連することとかが注目されているらしいんですよね。

それでは、「アパホテル」に関連する動画をご紹介しておきます。

アパホテル、中国韓国以外の国から予約殺到で完全勝利 中国「アパホテルは利用しない」⇒世界各国「中国人がいないなら絶対に利用する!」

なるほどなるほど。

ちなみに・・・

【質問内容】

日本に来日する中国人の知る権利を守る必要はありますか。 日本は来日する中国人がアパホテルで南京虐殺の嘘を知る権利を守る必要がありますか。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

笠原十九司さん。 いうまでもなく、左翼であり、虐殺派で残っている、ただ一人の歴史学者であります。 哀れですねぇ。(^0^) さて、 その笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 234ページですね。 引用開始 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」に南京事件小委員会を設置、 2007年6月に「調査検証の総括」を発表、 東中野教授らの否定論を受け売りして、 「中国が主張する南京大虐殺は政治的プロパガンダにすぎない」 「南京大虐殺は東京裁判で虚構が証明された」 などと内外に公表したのである。 引用終了 このように、自民党は、東中野教授の主張を受け売りして、 中国が主張する南京大虐殺は政治的プロパガンダに過ぎない。と、結論づけています。 ちなみに、 「南京大虐殺は東京裁判で虚構が証明された」は、笠原氏の引用ミスで 正しくは 「東京裁判の南京大虐殺は、虚構が証明された」ですね。 さらに、 東中野教授は、南京事件について、 限りなくゼロに近い、と、結論づけています。 なぜ、ゼロとせず、ゼロに近いなのか? 戦場であった以上、不法行為がゼロという事は考えにくい訳です。 ただし、 東中野教授は、全ての事件を検証し、立証責任が果たされたものはない、と、結論づけました。 立証責任の果たされた殺人も略奪も存在しないのです。 もっとも、それは、シロと証明された訳ではありません。 灰色の事件はあるのですね。 東中野教授がゼロとせず、 限りなくゼロに近い、 としたのは、こうした理由です。 日本政府は、東中野教授の結論を受け入れて、 殺人や略奪があった事は否定できない、と、主張しています。 東中野教授は、無視されているどころか、自民党も日本政府も東中野教授の主張を踏襲しています。 さて、再び 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 234ページですね。 引用開始 さらに、民主党内でも、鷲尾栄一郎ら国会議員20名が呼びかけ人になって、 議員連盟「民主党慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」を組織して、 中略 東中野教授や藤岡信勝ら否定派を招いて「南京事件の史実を検証」するという。 引用終了 今は、民主党ではなく民進党ですが、 民主党も東中野教授を招待して、南京事件の史実を検証しているのです。 自民党からも民主党からも、東中野教授は南京事件の研究の第一人者の歴史学者として高く評価されています。 さて、再び 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 今度は234ページではなく、237ページですね。 237ページから引用します。 引用開始 大阪国際平和センター(ピースおおさか)を会場にし、 「戦争資料の偏向展示を正す会」の主催で、 東中野修道を講師に呼んで、 「20世紀最大のウソ、南京大虐殺の徹底検証集会」を開催した。 引用終了 ピースおおさかは、かつて、先頭きって、南京事件の資料を大量に展示していた場所です。 そこに、否定派の代表である東中野教授が招かれ、 「20世紀最大のウソ、南京大虐殺の徹底検証集会」が開催されるのですから、 隔世の感がありますねぇ(^0^) 昔のピースおおさかは、小林よしのり氏の戦争論2巻で徹底的にこきおころされていました。 しかし、ピースおおさかは、真実を知らなかっただけなのです。 今では、東中野教授について勉強し、南京事件の展示は全て撤去されました。 南京事件は、なかった、これは、もう歴史的事実なのです。 もちろん、戦場であった以上、不法行為がゼロという事は考えにくい訳です。 ただし、立証責任が果たされた殺人や略奪はゼロですけれどね。(^0^) さて、再び 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 238ページ 引用開始 平和資料問題を考える自治体議員ネットワークと連動して、 全国の自治体が設置した「平和記念館」「戦争博物館」における南京虐殺などの日本軍の加害行為を扱った展示写真や映像を批判、攻撃して、展示場から撤去させる活動を展開した。 引用終了 引用はここまでです。 これに解説を加えると、 まず、公的な平和記念館や戦争博物館において、南京事件の展示物は現在は一つもありません。全て撤去されました。 保守や右翼の主張ではありませんよ、 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用です。 笠原十九司さんは、いうまでもなく、左翼であり、虐殺派で残っている、ただ一人の歴史学者であります。 笠原十九司さん自身が、自民党からも民主党からも相手にされない事を嘆き、 日本の右傾化を呪っています。 孤立しているのは、 笠原十九司さんの方であり、 東中野教授は、自民党からも民主党からも歴史博物館からも引っ張りだこ。 とくに、 歴史博物館からは、南京事件の展示物は全て撤去されました。 ビクトリー(^0^)

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

そういえば、どうもチキンカツが、気になります。

それじゃあ、本日も気合い入れて奮闘しましょう・・・!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>