●旬のキーワード「広田レオナ」と本日の留め書き

どうもー、こんばんはです。

本日のわたしのコンディションは程々でしたよ。

世間などや、それ以外でも「広田レオナ」の事とかについて注目されたりしているという話だそうですね…。

それでは、「広田レオナ」に関連する動画をご紹介しておきます。

復縁失恋の悩みから立ち直る動画 広田レオナ 吹越満 復縁再婚 克服成功対策仕方解決体験ビデオ

へー・・・。

ちなみに・・・

【質問内容】

〔平尾誠二氏(神戸製鋼総監督)20日、すい臓がんで療養先病院で死去(53)〕 〔平尾誠二氏(神戸製鋼総監督、 ラグビー元日本代表)20日療養先病院で死去(53)〕 (スポニチアネックス  2016年10月20日配信 ) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14165823914 の続報ですが、 〔【ラグビー】平尾氏死去…若すぎる53歳、 松尾氏「膵臓がんと聞いていた」〕 (スポーツ報知  2016年10月21日配信) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000044-sph-spo ラグビー日本代表主将で、 日本代表監督も務めたミスターラグビーこと、 平尾誠二氏=神戸製鋼ゼネラルマネジャー(GM)=が 20日午前7時16分に死去した。53歳だった。 最近は体調を崩し、病気療養中だった。死因は不明。 略 葬儀、告別式は未定。 略 体調を崩して入院したのは昨年9月頃。 略 すぐに退院し、 今年4月には痩せた姿で大阪市内で講演したが、 夏以降は公の場に姿を見せていなかった。 死因など詳細は不明で、 神戸製鋼の関係者は「遺族の意向もある」と 連絡が取れていないことを明かした。 元日本代表SOで現役時代から親交があった 松尾雄治氏(62)は 「膵臓(すいぞう)がんだったと聞いていた。 昨年暮れに最後に会ったときは元気だったのに残念です」 と悔やんだ。 略 *** >膵臓(すいぞう)がん 「ソナーポケット」Vo.ko-dai(30代) 2016年10月7日、総胆管結石⇒急性重症膵炎で緊急手術 樋口邦利氏(元埼玉県議会議長) 2016年9月16日、 膵臓がんで埼玉・伊奈町の病院で死去(68) 九重貢氏(大相撲・元横綱「千代の富士」) 2016年7月31日、膵臓がん再発で死去(61) 古内一成氏(脚本家〈ドラマ&アニメ〉) 2016年7月18日、膵臓ガンのため死去(60) 大沢知宏氏(ソウル五輪陸上日本代表) 2016年4月6日、膵臓がんのため都内病院で死去(47) 滝村雅人氏(名古屋市立大大学院教授) 2015年12月16日膵臓がんのため京都府内病院で死去(59) 女優・広田レオナ(52) 「インスリノーマ」(膵臓内分泌腫瘍)に罹患 (2016年1月15日)〕 等でも触れたように、 著名人のレベルでも、 「すい臓ガン」&関連疾患に罹患or早世 するケースが爆増している傾向。 やはり、 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n139686 1959年ドイツのスポーディ博士の動物実験: 「ストロンチウム90をマウスに投与すると 崩壊したイットリウム90が すい臓に蓄積し 2ヶ月で糖尿病を発症することを確認。」 東日本方面に限らず、西日本方面にも 拡散したストロンチウム90の内部被曝の 1つの蓄積パターンとして すい臓に蓄積し、β線を常時放出し続ける ことが、今日のすい臓ガン爆増の 1つの大きな要因と言えるのでは? (吸入or経口摂取によって) 慢性被曝が徐々に進行していた場合 (2型)糖尿病は被曝の初期症状なので 「(2型)糖尿病」を経由して「認知症→死亡」 と中長期的な時間を要し、 「本当は怖い家庭の医学」のテーマとも されましたが 『(劇症1型)糖尿病』 「生活習慣に関係なく ある日突然、膵臓の破壊がはじまり インスリンが出なくなってしまう病」 「のどの渇きや嘔吐の症状」 「ろれつが回らない」 から急激に「翌日死亡」 としての疾患メカニズムとして 〔激しい頭痛を伴う「くも膜下出血」は別論として〕 「90Sr⇒90Y⇒(1型)糖尿病⇒死」 という死に至る経緯も可能性の1つとして 考えられると思うのですが。 ~参考~ Ⅰ型糖尿病(インスリン依存型): 自己免疫、ウィルスの感染により、 インスリンを合成&分泌する 「ランゲルハンス島」のβ細胞が 破壊され、インスリンが枯渇する。 特に、 (揮発性の)セシウムに比して (不揮発性の)ストロンチウム90 の放射性プルームに含まれる濃度は 最大でも30%、ほとんどが10%未満とはいえ 程度差はあれ、 東日本広域(大気+海洋)に拡散していることは 諸々のデータ&各種報道上 明らかになっており、 最近の報道で特に気になるのが 〔糖尿病患者が初めて300万人超える、 過去最多に~前回比、46万6,000人増〕 (2015年12月25日) 糖尿病の患者が、 初めて300万人を超えた。 * 厚生労働省が発表した調査によると、 国内の糖尿病の患者数が 316万6,000人で、 前回から、およそ46万6,000人増え、 過去最多となった。 【小学生以下の10人のうち6人が糖尿病 ~福島県須賀川市内の仮設住宅内】 【福島、宮城、茨城、千葉県の河川、湖沼から ストロンチウム90が検出 】 チェルノブイリの経験則から 糖尿病が被曝疾患として典型症例の1つとして 国内外の専門家も位置付けていることから 「19.数年間、 タイプ1糖尿病(インシュリンに依存する糖尿病) が子どもと青年層に急激に増えた。」 ストロンチウム90および、 崩壊したイットリウム90が すい臓に(慢性)蓄積した結果、 「(1型)糖尿病」形成プロセスを 辿りつつも、同時並行的に 「膵臓に生ずるインスリン分泌内分泌腫瘍」 (大部分はランゲルハンス島B細胞由来の腫瘍) を急速に形成してきたと言えるのでは?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。 ●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。 ●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。 ●転んで怪我したのは放射脳のせい。 ●自殺で死んでも放射脳のせい。 ●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。 ●登山で遭難死しても放射脳のせい。 ●性同一性障害も放射能のせい。 ●マグロがでかいのは放射脳のせい。 ●パンダが発情しないのは放射脳のせい。 ●尿路結石は放射脳のせい。 ●鼻血が出るのは放射脳のせい。 ●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。 ●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。 ●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。 ●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。 ●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。 ●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。 ●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。 ●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。 ●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。 ●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。 ●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。 ●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。 ●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。 ●若ハゲも放射脳のせい。 etc,,,,etc,,, とにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。 ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。 放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんていうか、どうやら少し前からたらこなどについて関心を寄せています・・・。

それではまたいつか会いましょう…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>