▲注目ワード“押切もえ”と今日の筆録

みなさん、今晩は。。。

本日の私の機嫌はよくも悪くもないでしたー。

このごろはネットや、その他でも「押切もえ」にまつわる事が話題になったりしているらしいんですよね、、、

それでは、「押切もえ」に関連する動画をご紹介しておきます。

2014/05/10 押切もえ✖斎藤工

なるほど。

ちなみに・・・

【質問内容】

いかがでしょう? 又吉著『火花』について和田アキ子は、「何にも感じなかった」、山田詠美は「すごく感動した」人によりけりでしょうが・・・・。 読んではみたものの、何を言いたいのかがあまりよくわからなかったですね。 芥川賞としては異色であることは認めますが、もしや出版界の起死回生に利用しただけ? それなら、押切もえを直木賞にした方が出版界の復活には、一層効果があったのでは?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

作品から何を感じるかは人によりけりなので、又吉は和田アキ子やあなたに合わなかったのでしょう 「芸人だから」という見方は、今後「作家又吉直樹」が活躍しないと払拭できないと思われますが、プロの作家、それもそれなりのポジションにある人たちが評価しているのだから、一定以上の水準にはあると考えていいかと 又吉・押切のW授賞して、どちらか一方でも評価が(低ければ、ではなく)高くなければ、文藝春秋の権威も完全に地に墜ちますね(笑)。権威失墜が広まれば、商売上がったりです

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

何やら以前から石焼き芋などについて関心を寄せています・・・。

それでは明日まで、さようなら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>