▽トレンドキーワード《子宮頸がん》ときょうの心覚え

みなさん、コンバンハ。。。

今日のわたしのコンディションは文句なしでした。

このごろはブログでは、「子宮頸がん」や、それに関連することが注目されたりしているらしいんですよね。

それでは、「子宮頸がん」に関連する動画をご紹介しておきます。

③子宮頸がん予防ワクチン – 子宮頸がん:ホントのこと

なるほどですね。

ちなみに・・・

【質問内容】

子宮頸がんの原因となるHPVウィルスは、性交渉後すぐ感染するものなのですか? 1年前に子宮頸がんの検査をした際は問題がありませんでしたが、先日行った子宮頸がんの検査の結果、偽陽性という 結果が出ました。 なのでこの一年でウィルスに感染したのかなと思いました。 正常細胞と結果が出ても、ウィルスには感染しているってこともあるのでしょうか? 今は組織診の検査結果待ちです。 とてもこわくて色々調べてみたけど分からないことがいっぱいでした。 詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

通常感染しても免疫でウイルスを排除することが多いが、排除できないで感染状態が長期間続くと細胞に病変が見られるようになる。 細胞が軽度異形成状態になるまでの期間は目安として半年~1年程度。 軽度異形成の場合は、そのまま自然治癒する場合も多いが、これが治癒せずにガン化するには5~10年程度かかる。 専門家ではありませんが私の調べたところでは上記のような感じです。 異形成となり検査結果に表れるようになるまで、目安として半年~1年程度、前回あなたが検査したのが1年前なので、計算としては合うんじゃないでしょうか。 もちろん。期間には個人差もあるでしょうけど。 1年前の検査で問題なかったとのことでしたら、おそらく異形成の状態ではないでしょうか。 もし治療で手術となっても円錐切除までの手術であればも妊娠、出産が可能だそうです。 http://www.aka-zukin.jp/comprehension/cure.html http://ladymama.jp/?p=1519

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

そういえば、ヴォンゴレとかのことが気になるところです。

それじゃあまた明日会いましょう、、、。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>