◆注目キーワード‘ズートピア’と今日の日録

みなさん オハヨーです!

昨夜はあまり眠れませんでした。

なんべんも、ウェブ上の日記などや、その他でも「ズートピア」についてが話題に上がっているらしいですね…。

それでは、「ズートピア」に関連する動画をご紹介しておきます。

「ズートピア」動物たちが人間のように暮らす<ズートピア>とは?

なるほど。

ちなみに・・・

【質問内容】

ディズニー映画 ズートピア のイラストがPIXIVにUPされています。 他の人もやってるから問題ないと思うのですが著作権違反にはならないでしょうか? ディズニー作品のイラストを描いてpixivにUPするだけなら問題ないってことでしょうか?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

過去の事例でいうと http_//dic.pixiv.net/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC 二次創作について 海外ではdeviantARTなどのイラストSNSサイト等のネットを含めて一般的なファンアートから、ネタやエロ・グロ(主ににアングラ系)まであらゆるタイプの二次創作が存在しているが、それについてディズニーから訴えられた例は1970年代にエログロ同人をディズニーの重役会議に送りつけ警告を無視して書き続けた例を聞くのみ。 しかし日本ではディズニーが1987年 小学校のプールに描かれたミッキーマウスの絵を消した事件から「(非営利も含めた)ファンアートでも容赦しない」という印象が付いた。 だが、このクレームは「営利目的になりかねないものを無許可で描かれた」ことによるもの。 さらに、この絵は完成当時新聞などでも大きく報道されており、ほとんど宣伝のような状態になっていることもあったため、ディズニー社は動かざるを得ない状況だった(後年、別の小学校が正式に承諾を取りに行ったところ、二つ返事で許可が出されている。) これはウォルト・ディズニーが制作した「うさぎのオズワルド」の権利を制作会社に奪われたことが原因で、その後世界的に有名なあのミッキーマウスを生み出した(ちなみにオズワルドの権利は近年ディズニーに戻ってきている)。 「一定の期限で消滅する著作権」と「半永久的に更新できる商標権・意匠権など」は別物の権利なので、商売に影響はなく、そもそも初期のディズニー(おおむね1950年代以前に公開された作品)は日本において著作権が既に切れてるのでパブリックドメインのDVDが出ている。また、「ミッキーマウス法」と呼ばれる米国の著作権事情も、日本国内では関係のない話だが。 ただ、著作権が米国基準になるTPPに日本が加盟した場合の影響は不明。 以上のことはあまり知られていないことと、この事件に関してマスコミは明らかにディズニーに対し悪意の強い報道を行ったこと、「宣伝目的になるほどの大掛かりな絵」であることが「小学生が紙に描いた落書き程度の絵」なっていたり、小学校ではなく幼稚園であるなど、事実とは異なった形で誇張・捏造された話で出回っていることが多く、未だにそういった話を鵜呑みにしてしまう人も多い。 このため、日本ではディズニーに対して悪印象を持たれがち。 2012年、ディズニーのフリーの同人ゲームの製作者が「ディズニーから賠償金600万円を要求された」とツイッターで発言し話題になったが、数日後に「確認したらディズニーはこの件に関して一切ノータッチ」であったことが判明している。 →Twitterまとめ この様に、特別に過激な挑発をせず、個人としてファンアートを描いてディズニーから訴えられた例は確認されていない。 しかし、日本では「丸を三つ描いただけでも訴えられる」という噂まで広まっており、国内では多くの印刷業者がディズニー関連のキャラクターが描かれた同人誌の印刷を自主的に規制しているが、 2009年にはディズニーが制作しているアニメ「ファイアボール」のオンリーイベントが行われている。 ディズニーの同人誌について詳しくはこちら また、近年の方針では主に二次創作やパロディなどの二次利用に関しては比較的緩和な態度で接することを宣言している。 以下、「」内はディズニーCEOのボブ・アイガー氏の発言 また、インタビューはインターネットが中心となっているが、キャラクターの利用についても興味深い発言をしている。 「誰もがコンテンツを楽しみ自由に創造活動が出来るように、コピーや(パロディなどの)二次利用に対する制限を今より柔軟にすべきだろう。」(同引用) キャラクターの2次利用に極めて厳しいとされる同社が、パロディなどの2次創作への規制は今より緩くしてもよいと考えていることは驚きだろう。 (「未来を見るディズニーCEO」より引用) とのことです。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

そういえば、どうもミートボールのことが興味がありますね。

それでは、今日も元気に取り組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>