■旬のワード‘三菱自動車’と本日の覚え書き

どうもオハヨウゴザイマス。

あのですね、朝食を少し食べ過ぎたかも。

この頃、ネットや、それ以外でも「三菱自動車」や、それにまつわる事が言及されているらしいんです。。。

それでは、「三菱自動車」に関連する動画をご紹介しておきます。

三菱自動車不正問題ここまで落ちたかとDr苫米地英人氏が元社員としての心中を語る。

あらら・・・。

ちなみに・・・

【質問内容】

三菱自動車社長は長い間、開発部門に在籍していたのに、全く不正に気づかなかったのは本当だと思いますか? ただの言い訳だと思いますか? 「夢にも思わなかった」。 三菱自動車の燃費不正問題をめぐり、18日午後の記者会見で辞任を表明した相川哲郎社長。「長く在籍した開発部門で不正が起きた。トップ自身が現場をもっと知るべきだった」と苦渋の表情を見せた。 相川社長は「軽自動車の実験はずっと子会社に任せてきたが、他社の技術の進展とギャップがあった。追い付くのは難しかった」と不正の背景を説明。データ改ざんについて「基本的な数字を操作しているとは夢にも思わなかった。性善説に立っていた」と弁明した。 会見では担当部長が「何としても燃費目標を達成しろ。やり方はお前らで考えろ」などと強い口調で迫ったことも明らかに。相川社長は「(不正を了承した)性能実験部が苦しんでいることに気付かなかった。リコール隠しなど不祥事が続いた後に石垣を積むように活動してきたつもりだったが、もっと現場を知るべきだった」と険しい表情で話した。 http_//headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000161-jij-soci

【ベストアンサーに選ばれた回答】

開発部在籍の期間と、不正操作を始めた時期がどれだけ離れているかでしょうね。 (不正操作までのブランク) 開発部を離れて直ぐに、驚異的な燃費の向上があれば、当然確認の必要が有るでしょうけど。 (実験データ等) しかし、「実験方法について現場で立ち会えるか?」については、役職上難しいのでは。 ●今回の言葉の「性善説」について、私が調べたところ。 生まれた時は、悪い事をしようと考える人間はいないが、知恵が付くに従い悪い事を行う様になる。と言う考え方です。 反対に「性悪説」は、人間は、生まれながらに悪(欲望、利己主義)であり、成長に伴い学習(倫理感)して、悪い行いを制御しようと考える。と言う事です。 ●よって、「性善説に立っていた。」と言う事は、「社員は不正を働く可能性がある。」を肯定した答弁になるかと思います。 いづれにせよ、不正を防止、未然に防ぐ為に、何十にもチェック体制(現場の社員⇒監視⇒再チェックチーム⇒精査チーム⇒上司の確認⇒更に上司の確認⇒社長への報告)が敷かれていると思うのですが、「数字第一主義」になってしまったのでしょうね。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくなんですが、何やら近頃焼きそばパンとかについて注目してしまいます。

さて、ほんじつも精一杯勤しみましょう。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>