▲旬のワード“マイナンバー制度”と本日の備忘録

皆々様、今晩は。

今日のわたしの健康状態はいまいちでしたー。

しばしばブログや、その他でも「マイナンバー制度」のこととかが注目されているようなんですね。

それでは、「マイナンバー制度」に関連する動画をご紹介しておきます。

【ダイジェスト】宮下紘氏:マイナンバーで最悪のシナリオを避けるために

なるほど。

ちなみに・・・

【質問内容】

マイナンバー制度、副業してたら、それぞれの会社にバレるのでしょうか?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

●個人の背番号は公的機関の業務的利便性と個人預金資産の名寄せが目的ですから、民間企業は基本的に関係ありません。 従って、ご質問者様の副業情報がどんな事で伝わるかは、現状と変りありません。 ・民間は公的提出書類に番号を記載するだけで、民間が背番号情報を受取る事は無いから “みなさんは安心” ですと、反対を抑える為に懸命な啓蒙がなされています。 →実は”照会”と言う形で出てゆく恐れが予測されています。 ・でも、おそらく自分が得意気に友人にしゃべって、チクられる方が先でしょう。 ●唯一、背番号制度開始の前/後で異る点は 公的機関からの照会・調査資料中に背番号が表示される点で 例えば、 ・社会保険や失業保険等で、同一背番号が複数の事業所より新規登録されようとすると、その段階で “ただちに” エラー。 他方の事業所に照会が入る事になります。 ・失業保険の受給中にバイトすると、給与支払情報が背番号で職安に連動されて、後日の ”倍返しだ!” になるかも?(情報がどの組織部門まで共有されるかは未公表)。 ・又、複数事業所から源泉徴収票が提出(一般は5百万円以上が対象)された場合も同様ですがバイトでは、おそらくこの金額にならないでしょう。 ・市役所にも両社から「給与支払報告書(全員が対象)」が提出される事になりますが、こちらの方は何枚届いても、それらが単純TOTALされるだけで、事業所への再照会はありません。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

そういえば、どうもから揚げなどについて興味あるんですよね。

それじゃあ今度お目にかかるまで、さようなら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>